メキシコ人直伝!ハイビスカスティーを入れてみよう

メキシコ系のお友達からハマイカ(ハイビスカス)をいただいた。

「ハマイカ」は日本では「ローゼル」と呼ばれる花で、観賞用のハイビスカスとは異なる。このハマイカの「がく」の部分を使ったジュース、「アグア・デ・ハマイカ(ハマイカジュース)」は、中南米やカリブ海域ではとてもポピュラーな飲み物だそう。日本では「ハイビスカスティー」として知られている。

ローゼルの花

ビタミンCやクエン酸が豊富なため、日本では美容や健康面といった観点から、砂糖なしでのハーブティーとして飲むことが多いよう。中南米では、砂糖を加え、冷たい飲み物として楽しむのが一般的なようである。

メキシコでは乾燥したハイビスカスの花を煮出すため、とてもきれいな濃いめのピンク色が出る。味は酸味がありクランベリージュースに近い。

ハイビスカスティーの作り方

「花を入れて熱湯かけてちょっと待ったら大丈夫!」

これがメキシコ友達からの伝言。

えー!ざっくり過ぎですやん(笑)

クックパッドでレシピをいくつか見てみたけど

「ローゼルをカップに入れ、熱湯を注いで蓋をして3~5分蒸らして出来上がり」

えー!ほぼ同じですやん(笑)

あながち間違えじゃなかった我が友よ、すまぬ。

ROYCE’のポテトチップスチョコレートをお供に至福の tea time

好みでお砂糖や蜂蜜を入れてもよし。私はストレートでスッキリ飲んでみたけれど、その色の通りとても酸っぱい!お砂糖を入れた方がずっと飲みやすくなるらしいが、この酸っぱさも私的には悪くはない。

ぜひ一度、砂糖なしのストレートでトライして、お顔の毛穴を開いて酸っぱさを感じてもらいたい。お顔の毛穴が開くほど酸っぱいと、ビタミンCを感じるわ~と勝手に思うワタシなのです:)←根拠なし(笑)

アグア・デ・ハマイカ(ハマイカジュース)の作り方

  • 8カップのお水を沸騰させる
  • 1/2カップのハイビスカスを入れる10分程煮出す
  • ザルで花を取り除く
  • 熱いうちに1/2カップの砂糖を入れて冷やす

ホットでもアイスでもいけるハイビスカスティー。メキシコ系のスーパーなどで安価で見つけられます。日本でも輸入食材店などで見かけたら、ぜひ作ってみてください。

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!