コロナ疲れは【Zoom飲み】で解消!リモート飲み会5つのおすすめポイント

新型コロナウイルス拡散防止のため、外出できない状態が続きます。疲れやストレスが溜まる中、新しいブームの到来です。

リモート飲み会!その名も

Zoom飲み

今や飲み会だけではなく、ダンスやお料理のレッスン、オフ会やプレイデートまで、このビデオ会議ツール Zoom を使っての開催が増えてきました。

今日はこの便利なツール ” Zoom ” を使って行う「リモート飲み会」の5つのおすすめポイントをご紹介!

会議ツールは Zoom が主流

Zoom はとても手軽で簡単!回線も安定して使えます。

同じような対面式のミーティングでいうと Skype や LINE のビデオ通話機能でも可能ですが、1対1がメインで、互いにアカウントを取得する必要があります。

Zoom は主催者から招待URL が送られ、そこへアクセスするだけでサクッと始められるんです。

  • 招待する側はアカウントが必要
  • 招待される側はアカウントは不要
ミーティングへの参加の仕方
自分がミーティングをセッティングしたい場合

おすすめポイント1 自宅にいても飲み会可能

コロナウイルスの影響で実際に飲み会をすることが困難…

しかしPCやスマホ、タブレットがあれば、場所は関係なく、顔を見ながら話しながら飲むことが可能になります。

お酒は一人よりも誰かと飲んだ方が楽しいですよね。

部屋が散らかってる…なんて関係ありません。バーチャル背景機能で、ビーチや宇宙空間からお送りしている風にすることも!

そして飲酒運転や終電も気にすることなく、終わったらすぐに寝ることができます。

おすすめポイント2 好きなものを飲み好きなものを食べる

飲み物も食べ物も各自で用意するため、好きなものを飲み、好きなものを食べることができます。

服がタバコ臭くなることもありませんし、タバコを吸う方は心置きなく吸えます。

おすすめポイント3 リーズナブル

好きなおつまみを自分で作るもよし、スーパーやコンビニで買ってくるもよし。

レストランや居酒屋で飲むよりも出費が抑えられます。

割り勘だと、あまり飲まない人は不公平…なんて心配もありません。

おすすめポイント4 服装も自由

気の知れた仲間なら、お風呂上がりだってスッピンだってOK。

デートであれば、思いっきりお洒落したってOK。

中には在宅ワークの方で Zoom会議の際、上は襟付きのシャツ、下はパジャマのままという人もいるようです(笑)

おすすめポイント5 気を遣わない

参加者の人数やスケジュールの調整、お店の予約も必要ナシ。開催したい時間にでき、都合が良い人が参加する。途中参加、退出も自由。

お店の閉店時間もなければ、終電の心配もナシ!

これはリモート飲み会の大きなメリットですね。

これだけメリットがあると、外出自粛や外出禁止が緩和されても、

リモート飲みでいいじゃん

なんて思ってしまいますね〜。もしかするとこれからはもっともっとメジャーになっていく飲み会の形式かもしれません。

そうは言っても、たまには外で美味しいもの食べながら飲みたいですよね。

コロナウイルスが落ち着くまではとりあえずこの「リモート飲み」でストレス発散はどうですか。

最後まで読んでいだだきありがとうございます😊
読んだよーのしるしに ポチッとしていただけると嬉しいです😍
↓C LICK😘 ↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!