【コロナ】ロサンゼルス外出禁止+今週は買い物自粛の要請で初めてネットスーパーを使ってみた

日本でも緊急事態宣言が発令されましたね。しかし対象となっているのは7都府県のみ。そして5月6日まで。

欧米では罰金付きの強制力のある外出禁止令を出す例がありますが、日本にはそのような強制力がないため、あくまでも自発的な対応が不可欠になります。

今回の非常事態宣言で感染数の増加を防げるかは未知数です。

カリフォルニア州に国家非常事態宣言が出されたのが3月13日。25日前のことです。

しかし3週間経ったロサンゼルスでは未だ感染者数の増加はピークには達しておらず、そのカーブはまだ横ばいにもなっていません。

そんな中こちらでは、Stay home order (外出禁止令)にプラスして

今週は買い物を自粛して欲しい

というお願いが出ました。

基本的には必要不可欠な買い物、個人で行う屋外の運動は可能ですが、今週は食べるものがあれば買い物をスキップして欲しいというアナウンス。

少しでも人との接触を少なくして社会全体でウイルスの増加を防ぐように努力しようというものです。

週一回の買い物をネットスーパーに

国家非常事態宣言が出てから週に1回ほどのペースで、近くのスーパーだけに買い物に出ていましたが、今週はそんなこともあって、初めてネットでのデリバリーを使ってみることに。いわゆるネットスーパーです。

渡米してから一度も使ったことはなかったのですが、カリフォルニアには様々ストアのデリバリーサービスがあります。

しかし、コロナウイルスの影響もあって、デリバリーが一時的にできなくなっていたり…即日配達のはずが、オーダー後4〜5日かかったり…と、通常通りには行えていないようです。

今回オーダーできたRalphs

4/1(水)に初めてWebページを訪れアカウントの作成をしました。

必要なものをカートに入れレジへ進むと

今のところお届けできる日時はありません
なんしー
ガーン!やっぱりそうですよね…だったら最初に教えて欲しかった…

今回は諦め、週一の買い物を続ける決意。

カートに入れたものは、次の買い物のメモ代わりに使おうとそのまま残していました。しかし忘れた頃に

デリバリーのためにすぐに食料品をオンラインで注文してください。

と謎のメール。アクセスすると、以前カートに入れていた商品を今すぐ注文できるとのこと。指定できた日は次の火曜日4/7。

なんしー
急な展開ね(笑)

ともあれ、体験しておきたかったデリバリー。しかも配達2時間前まで商品の追加変更可能とのことでとりあえず決済。

その後4/7まで何度も追加…これは本当にありがたい!実際、あれも要るこれも要る…が出てくるんです。

テキストで逐一報告

頼んだ商品が店頭にない場合、担当の方が代わりの品を選んでくれるようで、

◯◯の商品は代替

とテキストメッセージの嵐(次からはこの設定をOFFにしておこう…)

そして買い物が全て終わったら

今から向かうから〜◯時◯分頃着く予定です。

との連絡。

「玄関先に置いておくシステム」が選択できましたが、頼んでいるものの中にアルコール類が含まれる場合、IDを提示してくださいとテキストに書いてあったので準備して待機。

商品の到着

玄関先に全て運ばれた後にインターホンが鳴りました。やはりIDの提示を求められました。互いにマスク着用。チップはこの後、スマホで金額を選択できました。

届いた全ての商品を消毒し、すぐ使わないものはガレージへ持っていきこのまま何日か放置。

ウイルスは商品にも付着している可能性があるかもしれないので、消毒はした方が良さそうですね。

(日本語字幕選択可)

デリバリーにかかった費用

商品代とは別にいろんなFeeがかかっていたので紹介しておきます。

  • CRV DEPOSIT(カリフォルニア州でリサイクル可能な飲料容器に支払う法定費用) 3 x $0.60/each $1.80
  • PAPER BAG FEE $0.50
  • Delivery Fee $9.95
  • Tip $5.00(選択可能)

合計で$17.25

これに商品代とTAX。CRVと袋代はオーダーによって変わるのかもしれません。

まぁまぁな金額ですが、感染のリスクを考えると、今は有難いサービスかもしれませんね。

次回は話題のインスタカート(食料品の即日配達サービス)をレポート!

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!