【コロナ対策】マスクなしでは入店できないロサンゼルスと批判受け対応改める日本

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐべく、ロサンゼルスに3月13日に国家非常事態宣言が出され、ちょうど今日で1ヶ月。

カリフォルニアは4月11日の時点で

感染者21,794人

死亡651人

が報告されています。(カリフォルニア公衆衛生省) 

アメリカ初のマスク義務化

そしてこちらカリフォルニア州ロサンゼルスではアメリカで初となる

マスクの着用の義務化

が発表されました。

4月10日からスーパーや薬局、タクシーやホテルなどの従業員に加え、利用客にもフェイスカバーの着用が義務付ける命令が出されました。

命令では、鼻や口を覆っていない場合、入店を拒否できるとしています。

ニュージャージー州やフロリダ州マイアミも同様の命令が出ました。

テキサス州ラリードでは、違反者に1000ドルの罰金を科す緊急条例を制定しました。

スーパーマーケットでは

「NO FACE COVERINGS NO ENTRY」

命令の出された4月10日、日系のスーパーに行くと注意書きが書かれたポスターが貼ってありました。

その他にも注意書きがいっぱい。

  • 一時的にエコバックの使用は不可
  • 店内には10人までの入場制限をかけている
  • 店内では6ftのソーシャルディスタンスを守る
  • 毎週土曜の8〜9時は60歳以上の方と妊婦の方
  • 一時的に返品不可(生鮮品を除く)

基本的にどこのスーパーも店内の密集化を防ぐため、店外で並んで待ちます。

待つ列にはソーシャルディスタンスの6ft毎にラインが引いてあります。

コストコでは、医療従事者などの優先入店を取り入れています。

マスクの着用率

3月まではマスクなしの人も見受けられましたが、今では外にいる人のほぼ全員がマスクをしている状態です。

とはいえ、マスクはどこにも売っていないんですけどね。

我が家がマスクを使用するのは、週に1度の買い出しの時に私が使う1枚だけ。

私の買い物以外、家族全員外出しないため、減りは少ないものの、残りマスクは10枚程度。

飛行機での長時間移動の時に使用するために、去年の日本一時帰国時に買っていたものの残りのみです。こちらでは買えておりません。

このマスクがなくなるのが早いか、コロナ終息が早いか…

後者を希望したいものです。

日本の対応

一方日本では、某銀行がマスクなしでの入店を拒否したことで「やりすぎ」などの批判を受け、「せきエチケットの呼びかけ」などの対応に変更したとのニュースを見ました。

正直愕然としました…。

ロックダウン厳戒態勢の中、1ヶ月が過ぎた私の見解かもしれませんが…。

国によっては「外出禁止」や「マスク着用義務」を条例や法律で義務付け、罰金まで課している国もあります。

人の命を守るのに「やりすぎ」なんてことがあるのでしょうか。

私はカリフォルニアの早い判断と強制力には有り難ささえ感じるほどです。

子供達の休校措置やオンラインラーニングへの移行も非常に早い措置でした。

残念ながら日本には法的に強制力がないので、経済や社会が混乱する割には十分な成果を得られない事態にならないかと心配でなりません。

強制力がないからこそ、1人1人の意識に委ねられている日本。

ただただ爆発的な感染が拡大しないことを祈るのみです。 

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!