【コロナ・ロックダウンから120日】 来月から始まる新学期はオンライン授業

7月14日、カリフォルニア州知事からロサンゼルスを含むほとんどの地域で、規制が緩和されていたショッピングモールや美容院、ジムなどのサービスの再閉鎖が発表されました。そうです、

再ロックダウン

です。皆が感じていた通りの結果であるとは言えますが…。

カリフォルニア州(7月16日現在)

感染者数 366,164人

死亡者数 7,475人

カリフォルニアの感染者数の推移

COVID-19 pandemic in the United States

東京では1日あたりの新規患者数の平均が200人を超え、過去最多を連日更新していると報道される中、カリフォルニアではこの1週間の新規患者数の平均が、

1日あたり8800人

を超えています。全米だと

1日あたり67000人

を超えています。

なんしー
1日あたりですよ!?!?

公立校の新学期はオンライン授業での開始が決定

カリフォルニア州は本日17日、公立校の対面授業再開に向けた新たな指針を発表しました。それにより、多くの地域では新学期もオンライン授業が続くことになりました。

感染拡大のリスクが高い郡の一覧を「モニタリングリスト」として公開しており、2週間連続でこのリスト入りしなかった郡内の学校のみ、対面授業を再開できると定められました。

なんしー
これは対面授業の早期再開は難しいだろうなぁ…今年中は覚悟かもなぁ…

対面授業を行う際にも、

  • 教職員は定期的にコロナの検査を受ける
  • 小学3年生以上の子供はマスク着用を義務付ける
  • クラス内で1人でも感染者が出た場合には学級閉鎖

などの基準が示されました。

なんしー
新学年のスタートで、新しいクラスや先生とオンライン授業がうまくできるか心配…

新学期の様子はこちら>>>

トランプ氏は学校再開へ圧力

トランプ氏は8日、自身のツイッターで

「民主党は大統領選前に学校を再開すると不利になると考えているが、大事なのは子供と家族だ。再開しないなら予算を削減する」

と主張しました。

なんしー
再開→感染リスクが高まる→子供と家族が大事?なんだか矛盾しているような…

経済再生を急ぐトランプ氏に対し、各州の知事らは反発しています。

カリフォルニアのニューサム州知事は

「教育は大事、でも命も大事」

「大人がコロナを食い止めれていないのに、学校なんて再開できない」

と述べました。

なんしー
非常に納得。

120日という長い在宅生活

近所を散歩する以外、基本的には在宅しているというなかなかない体験をしているわけですが、我が家ではきょうだい喧嘩は頻発するものの、今いる状況を受け入れ、慎ましく州のお触れ通りに生活しております。

なんしー
でもこれ、家によってホントに考えが違うの!

実際に周りでは

  • 少しの時間でも子供をサマーキャンプに入れて、その間ゆっくりできてホッとする
  • 仕事だからサマーキャンプに入れざるを得ない
  • 新学期はオンライン授業でなく対面授業を希望したい

などの意見も多く聞かれます。(※私調べ)

どのくらい自粛していたかを報告しあって、互いに自粛していたもの同士だから会っても大丈夫!的な感覚の人は結構多いです。

そんなのお構いなしに会っていたり、パーティーしたりBBQしていたりする人も少なくありません。

なんしー
家族以外との接触を極力避けるようにとの勧告は続いているはずなんだけど…

様々な意見が入り乱れるアメリカ。何が正しいかはわかりませんが、わかっている事実は

新規患者数はどんどん増えている

ということです。

在宅夏休みも折り返し地点を過ぎ、子供たちの新学期開始まで残り1ヶ月足らず。以前先の見えないカリフォルニアです。

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!