見慣れた我が家がマリオカートの世界へ『マリオカート ライブ ホームサーキット』

2020年10月16日に発売されたマリオカートの最新作

『マリオカート ライブ ホームサーキット』

皆さんご存知のビッグタイトルですが、MR(Mixed Reality)という複合現実の技術が搭載された新しいゲームの可能性を感じさせてくれる超注目のタイトルなのです。

なんしー
現実世界とゲーム世界が合わさっている感じ?
むすこ
やってみたいよ〜

Nintendo 公式チャンネルのこの動画を見ていただいたらわかるように、実際に自分の部屋を舞台にレースができるんです。

なんしー
ワクワクするね〜!
むすこ
早くやってみようよ〜!

『マリオカート ライブ ホームサーキット』を買ってきた

マリオセットとルイージセットの2種類があります。ルイージは売り切れだったため、マリオ2台を購入。セットにはソフトは梱包されておらず、ニンテンドーeショップからダウンロードします。

手のひらから少しはみ出るくらいの大きさ。カメラが搭載されており、ここから現実世界を写し撮ります。

サイドには充電口が。おもちゃ感満載な実機と、ゲームの最新技術が融合されているあたりにニンテンドーを感じます。

ゲートが4つと矢印看板が2つ。段ボール製で組み立て式です。

カートを動かしてみる

ソフトのダウンロードが終わり、QRコードを読み込んだら完了!シリアルコード等の入力は特に必要なく、

  1. カートを購入
  2. ソフトをダウンロード
  3. QRコード読み込み

以上。カンタンに始めることができました。

なんしー
お〜!!部屋が映った!

実際にスイッチの画面を見ながらの操作なので、普通のラジコンカーより操作が簡単に感じます。

カートを動かさずに放置してると、なんとマリオが寝てました!可愛い〜!ちなみにバックする時は画面のマリオが振り返ります。芸が細かいですね(笑)

コースを作る

レースを始める前にあらかじめコースを作ります。ゲートと矢印看板を設置し、カートで一周回ればその軌跡を認識して、コースにしてくれます。

なんしー
すごーい!すごすぎる!!

狭いスペースでもゲートさえ設置できれば実質レース可能。広いスペースを使って、障害物等を置いてアレンジすることもできます。

amiiboを並べて観戦席を作ってみました。ミニチュアの世界みたいで可愛い〜!

レースをしてみる

Switchとカートを持っていれば、最大4人での対戦が可能。みんなでコースを考えたり家族や仲間でワイワイ盛り上がれます。

CPU対戦モードなら1人で遊ぶこともできます。自分の部屋で敵のキャラクターと対戦できるなんて感動します。

先ほど設置した段ボールだったはずのゲートが、ゲーム上では立派なゲートになっています。

矢印看板なんて、光って動いています。

なんしー
何これ〜?!ゲームとリアルが混じってる〜!

アイテムもちゃんとあって、バナナを踏めばカートは止まりますし、キノコを使えば加速します。Switchの画面を見ていると実際の速度より迫力を感じるため速くなったり遅くなったりをしっかりと体感できます。

体験してみて

このホームサーキットを体験してみて、想像力次第で面白さ無限大だと感じました。ストイックなレースゲームというよりは、おもちゃとゲームを融合しようとする ”ニンテンドーらしさ” を感じられる作品ではないでしょうか。

近年の『Nintendo Labo』や『リングフィットアドベンチャー』も同様に、手や身体を動かして、みんなで遊ぶ面白さを伝えてくれるこのような ”ニンテンドーらしさ” がファンにはたまりませんね。

様々なアプローチでコンピューターゲームの可能性を広げていき、私たちをワクワクさせてくれるニンテンドー。新しい未来を感じさせるビッグタイトル「マリオカート」の新体験。現実か仮想かわからなくなる不思議な感覚。ぜひ体験してみてください。ビックリすること間違いなしです!

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!