ロサンゼルスのパン屋さん85°C Bakery Cafeは日本人好み?!

アメリカのスーパーマーケットのパンコーナー。

どのパンが美味しいのか、数あるパンの中から試してみるにも多すぎる…

1袋にはすごい量…

全粒粉のパンや胚芽のパン、ライ麦パン、種類ありすぎてわからない…

日本のパン屋さんみたいに、どのパンにしようかな~と1つずつ選んだパンをトングでトレーに載せて買いたい~

アルヨ!
なんしー
え?!ロスにもあるの?そんなパン屋さん!

85℃ Bakery Cafeとは

2004年に台湾でオープン。オーストラリア、上海、香港と拡大を続け、2008年にはカリフォルニア州アーバインにアメリカ初の店舗をオープン。現在は世界中に1,000以上の店舗を持ちます。

台湾系のパン屋さんで、バターが多めに使われている生地の感じが日本のパンとよく似ています。

どんなパンがあるの?

どのパンもクオリティが高く、お値段も良心的です。

常時50種類以上のパンがあり、店内で焼きあがったパンが続々と並べられます。

日本のパン屋さんのようにトレーにトングで取っていくスタイルです。

私がいつも買ってしまうレギュラーメンバー

引用:webサイト
引用:webサイト
引用:webサイト

ケーキも美味しい!

ケーキの種類も豊富。ショートケーキからフルーツタルト、ムースやパンナコッタまで。ホールケーキも売ってます。1ピース2~3ドルとこちらも良心的。

タピオカティーも!

ブラックティーやミルクティー、フルーツティーなどにboba(タピオカ)を追加して、ボバティーにすることができます。

ティーの価格もMサイズで2.75〜3.50ドル。ボバの追加は50セントなので、タピオカティー専門店よりもリーズナブルに飲むことができますね!

名物シーソルトコーヒー

85℃ベーカリーカフェの名物ドリンク、シーソルトコーヒー。

その名の通りシーソルト(海塩)のホイップクリームが乗っています。

塩気が甘さをより引き立たせる?!

なんしー
スイカに塩をかけるみたいなもんだね

最近、シーソルトが練りこまれているチョコレートもありますが、甘じょっぱいのがクセになります。甘党の方にはオススメかも~!

店内にはイートインスペースもあります。

パンを買いに行きがてらお茶して帰るコース、オススメです。

豊富な種類の中からきっとあなたのお気に入りのパンが見つかるはず!

85°C Bakery Cafe Official Webサイトはこちら

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!