怒るも褒めるもNG?アドラー心理学から学ぶ「勇気づけ」

子供は怒るのではなく褒めて伸ばそう!

なんてよく言われますが、

毎日怒ってばっかりだし…

褒めることに慣れてないしなかなかできない…

どっちも無理~!!!!

そんなママさんに朗報です!

怒らない、褒めない育児

それがアドラー心理学で提唱される「勇気づけ」です。

今日は

  • 褒めるという背景にあるデメリットと
  • 勇気付けがもたらすメリット

をご紹介します。「勇気づけ」というアプローチによって、子育ての幅が広がると嬉しいです。

「褒める」ことのデメリット

子供がテストで100点を取ったとしましょう。この時、親であるあなたは子供にどのような言葉をかけますか?
すごい!100点なんてえらい!

もしこう答えたとしましょう。子供は褒められたことに嬉しくなります。

テストで100点を取る=いいこと

そんな価値観を持つようになります。それが習慣化すると、今度は100点ではない点数を取ることを恐れるようになります。100点を取れなかったら怒られてしまうのではないかと、不安にさえ襲われます。

100点という事実は素晴らしい結果であるはずなのに…

人は褒められることによって

「自分には能力がない」という信念を形成し始めてしまうのです!!

えええ、なんてこと…

賞罰教育がもたらす縦の関係

褒めるのは悪いことではありません。何事も行き過ぎはよくありません。

  • 怒られたくないから頑張る
  • 褒められたいから頑張る

これは子供にありがちな行動の動機です。先程のテストが100点だった時のケースでは

  • 100点じゃないと怒られるから頑張る
  • 100点とって褒められたいから頑張る

これでは、子供は自分でない他人(親)のために頑張ってることになりませんか?それが目的になってしまうと、結局は親の価値観に合わせた生き方を選ぶことになります。

漢字で人の為(ひとのため)と書くと「偽」(いつわり)という言葉になるね

子供には自分で考えて主体的に生きてほしいと願っていたはずが、いつの間にか親の思うように進ませようと、子供の人生にがっつり介入してしまっています。

褒めるということは

「能力や地位が高い人が低い人へ下す評価」

いわゆる

「縦の関係」

をもたらすのです。

親は子供に無意識のうちにこの「縦の関係」を作り出しているのです。

横の関係に基づく勇気づけ

アドラー心理学では対人関係において、「横の関係」を築くべきだと提唱します。お互いに協調し協力し合える良好な対人関係(親子関係)を作っていくには、この横の関係が必要になります。

自分が他人と比較して「上」なのか「下」なのかという位置付けから一旦離れることです。

  • 過去の自分と比べて前へ進んでいること
  • 理想の自分と比べて前へ進んでいること

自分がより前に進めているかどうかにフォーカスすることです。

テストで100点を取った子供に何と声をかけますか?
100点を取ってあなたはどう思った?あなたが嬉しいとママも嬉しいよ!

子供の思ったことに寄り添い、共感すること。それが縦ではない横の関係です。

アドラー心理学では、褒めるでも叱るでもない横の関係に基づく援助のことを

勇気づけ

と呼んでいます。

例えば、子供がお手伝いをしてくれたとします。それに対して

「えらいね、いい子ね!」

と褒めると、それは評価になり、縦の関係が築かれてしまいます。

「ありがとう、ママ助かるよ~!」

と伝えると、それは感謝の気持ちであり、評価ではありません。

これが子供の気持ちに寄り添うこと、すなわち横の関係であり、勇気づけの言葉なのです。

勇気付けのメリット

自分の行為が人の役に立つことで、自分の喜びになる

このことを子供の頃から多く体験すると、自分には価値があるんだという自己肯定感が養われます。

  • ありのままの自分を受け入れてくれている
  • どんなことがあっても味方でいてくれる

それを感じさせる言葉がけこそが勇気づけなのです。

勇気づけの具体的な例:

感謝を伝える「ありがとう」

喜びを伝える「嬉しい」

愛情を伝える「大好き」

これらは決して難しい言葉ではありません。普段使っている何気ない言葉ではないでしょうか。

意識して使うだけで、縦の関係から離れ、子供の気持ちに寄り添うことができるのです。

褒めるでもない、叱るでもない、勇気づけ。

今すぐにでも始められる勇気づけ。

試してみる価値、アリです。

そして、アドラー心理学の「嫌われる勇気」

この中には子育てに使えるポイントがたくさん載ってます。もちろんこの「勇気づけ」というアプローチに関しても、子育てに応用することができますね。

事あるごとに読んでいる愛読書です!まだ読んでない方はぜひ!

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!