【あつまれどうぶつの森】が教えてくれた子育てのヒント

新型コロナウイルス拡散防止のため、外出できない状態が続いています。

お家で過ごす時間が増えたため、ずっと気になっていた

あつまれどうぶつの森

をオンラインで購入することに。

シリーズを通して1度もプレイしたことがなかった「どうぶつの森」

子供たちにも、相手を撃ち合うようなゲームばかりではなく、何かを育成するゲームで心を穏やかにして欲しい思いから、親子で一緒にやることにしました。

皆さんはどうぶつの森をプレイしたことはありますか?

現実と同じ時間が流れる世界で、自由気ままな毎日を過ごす「どうぶつの森」シリーズ。釣りやムシとり、ガーデニングなどアウトドアな遊びから、お部屋づくり・ファッションまで様々な趣味を、1年を通してお楽しみいただけます。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|あつまれ どうぶつの森

レッツほっこり〜

このゲームは通信プレイ(オンライン)で友達の島に遊びに行ったり、お友達が自分の島に来てくれたりします。

ゲームの序盤、資金も材料もないうちは、このオンラインでの交流がとても助かります。

私の後輩に、どうぶつの森シリーズを長年プレイしている猛者がいます。

私が始めたことを知り、いろいろ教えてくれるとの事で、始めて間も無く、彼女の島に遊びに行かせてもらいました。

それが私に、ゲーム以外の様々な発見をさせてくれるとは、夢にも思いませんでした…。

初めてのオンラインプレイ

私が彼女の島に遊びに行きました。

彼女のお家はとても大きく、見たことのない花で囲まれ、見たことのない家具がいっぱい!!

私も隣で見ていた子供たちも大興奮!

チャット機能がついており、画面上で話すことができます。

しかし、打ち込むのに時間がかかるので、その興奮の様子をキャラを動かして伝えようと、私は彼女の周りを走りまくりました。

わけがわからないまま怒られまくる

「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

彼女は叫びました。

「花の上では走らないでもらえますか?」

あ、これ、ダメなやつなのね…。

私はどうぶつの森のルールやマナーを何も知らずにいきなりオンラインに来てしまったため、悪気がなくダメな行動をしていたようです。

「お花が散っちゃうんです。」

なるほど。それは知らなかった…

了解、次からは気をつけよう。

アラフォーになって怒られるとか、なかなかない(笑)

花の周りは気をつけて通るようになりました。→成長

それからすぐにまた彼女が叫びました。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

今度は何だろう…?!

「岩は叩かないでもらえますか?」

あ、これもダメなやつなのね。

「岩を壊したら何日か復活しないんです。」

なるほど。だから私の島のも無くなってしまったのか…

了解、次からは気をつけよう。

なんしー
悪気はなかったとはいえ、私ダメ過ぎ(笑)

悪気がない…

怒られる…

悪気がない…

怒られる…

を繰り返す

え、この感じ、見たことある気がする。しかもすごい身近で…

9歳の息子を疑似体験

そう、それはいつもの息子。

アラフォーにもなって怒られまくったことで、意外にも気持ちを共有することに。

人が嫌がることだとわからない(悪気はない)

→怒られる

彼はこれを繰り返しています。

今回の私の場合、ルールやマナーを確認せずにプレイしてしまったという落ち度はありますが

ダメなことだと知らない(悪気はない)

→怒られる

息子と大差はありません。

悪気がないのに怒られるのも結構ツラい…息子よ、母はここを追い込んでいたように思う…

悪気がない場合、サラッと理由を告げ、あまり追い込むべきではないということに気付いた母なのでした。

なぜダメなのかを伝えるのは大事

彼女は私に

  • 花が散るから→花の上を走らないで
  • 岩が壊れるから→岩を叩かないで

と理由をつけて説明してくれました。

大人の私(しかもアラフォー)はそれを聞いて1回で理解し、次からは確実に気を付けるようになりやらなくなります。

しかし子供(特に小さいうち)は

  • 頭では理解できているけど心が追いついていない
  • わかっているのにまたやってしまう

と、1回で理解し、行動にできないことが多いのです。

子どもが自ら考えて、場面や状況を判断しながら、その行動を自ら止める

親が子どもの行動をやめさせるのではなく、子ども自身でやめることが大事なのです。

なぜそうなのかを伝え理解させること

  • 熱いから触らないでね
  • 危ないから投げないでね

息子には小さい頃から

「◯◯だから〜しないでね」

を必ず付けて注意するようにしてきましたが、その効果はあったのかなかったのか、

熱いから触らないでね
むすこ
なんで?

と意味不明な質問が返ってきたりします。そもそも私の話を聞いていないところに原因が…(笑)

「今言ったよね?」 は日常茶飯事!

なんで?が返ってこない日が来るまで…

注意しなくてもわかる日が来るまで…

子育てとは忍耐勝負ですね〜。

「あつ森」が私に教えてくれたこと

  • 悪気がないことを追い込んで叱らない
  • 注意するときは理由を伝える
  • 子育ては忍耐勝負

以上です。

しかし面白いゲームですね〜。

ゆるゆる楽しむ「エンジョイ勢」も、効率重視の「ガチ勢」も、

それぞれがただ好きなことをして暮らす

大人も子供もみんな楽しいゲーム。おすすめです!

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!