ミドルスクールの娘が初セルフヘアカラーinアメリカ

アメリカのミドルスクールに通う娘から髪を染めたいとの申し出。

以前のこちらの記事↓

で、学校にはいろんな髪色の子がいるお話をしました。初めて染めるし、まずは様子見でインナーカラーとして1本ラインを入れてみるのはどう?という母の提案をすんなり受け入れる娘。

さて、カラー剤はどこで手に入れるかな~

Sally Beautyに行こう

ヘアケアやネイル関連の全米チェーン店、Sally Beauty

お店にいる店員さんの髪型が攻めてる~!入るなり「質問あったらなんでも聞いて!」と心強い(笑)

左)カラー剤 7.39ドル  右)デベロッパー 3.59ドル

まずはインナーカラーでハイライトを入れたい旨を伝える。するとお姉さんは、黒髪用のヘアカラー剤(FOR DARK HAIR ONLY)とデベロッパーを勧めてくれました。デベロッパーは10、20、30、40とあり、あまり明るくしたくない場合は10番、かなり明るくしたい場合は40番を使います。

今回の娘には30番を勧められました。混ぜる分量は各商品の説明書に記載されていますが、oz とか ml とか g とかで多少こんがらがります。( 全てはGoogle先生が解決してくれます♡ )

とにかく色が豊富!カラー剤には

  • Semi Permanent (セミパーマネント)
  • Permanent (パーマネント)

の2種類があり、セミパーマネントは半永久染毛剤、一時的に色味を入れるヘアマニキュアのような感じです。色の変化を楽しんだり、気軽に色を変えてみたい人にはオススメです。但し、色抜けは早いです。ベースの髪色が明るい人は色々な髪色を楽しむことができます。

一方パーマネントは永久染毛剤を意味します。セミパーマネントに比べると持ちは多少長いですが、色は抜けてきます。

いざ初めてのヘアカラー(第一弾)

ヘアカラー剤とデベロッパーを混ぜて塗って、待つこと30分。

洗い流して乾かすと…

綺麗なヤンキー色に!

チチ
オラの○○ちゃんが不良になっちまっただー

日本人の髪は赤みや黄みが強いです。アッシュ系にしたい場合は、一旦染めてからセミパーマネントカラー剤で自分の髪色の反対色である紫、青、緑などを重ねることによって、黄みや赤みを抑えられ、くすんだ色味にすることができます。

色を入れてみよう!ヘアカラー(第二弾)

ヤンキー色で数週間過ごした後、色を入れてみることに!

6.99ドル

セミパーマネントカラー剤はかなり多くの色があります。見本の髪の毛を見て選ぶのですが、まずその色に仕上がることは難しいです。このヤンキー色の黄みを抑え、くすんだアッシュ系に持っていくために、今回は緑をチョイス。

このカラー剤とすでに購入しているデベロッパー剤を混ぜて塗って、待つこと30分。

なんしー
くすんだー!!

アッシュ系のなかなかいい色~♡しかし当たり前だけど、見本の髪の毛で見た緑ではないな~(笑)

本人もなかなかご満悦の様子。一連の流れがわかったので、次はまた違う色を挑戦してみようと思います。こんなに簡単にカラーチェンジできたら楽しいですね!

ちなみに店員さんが教えてくれた豆知識。髪色を少しでも長持ちさせたかったら、熱いお湯は良くないようです。極限にぬるーいお湯で洗うと色持ちが良いとのことです!

なんしー
私もそれを聞いてから震えながらシャワー浴びてます(笑)

アメリカでは美容院でチップが必要です。美容院の平均相場も日本よりはお高めです。アメリカ人は自分でヘアカラーする人も多く、サロン用のヘアカラー剤も簡単に購入することができます。そしてYouTubeでは様々なテクニックを学ぶことができ、いろんなカラー剤の染まり方なども見ることができます。

ぜひ、まだ見ぬ色へ挑戦してみてはいかがですか~!

なんしー
ヘアカラーって楽しいね

またやってみよー!

合わせて読みたい>>>

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!