コロナ疲れの中、心温まるアメリカの素敵な文化

アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、先月より不要不急の外出ができなくなっています。

レストランもテイクアウトかデリバリーのみの提供。

ネットスーパーも2〜3日後の予約しか取れない状況です。

このロックダウンに伴い、頻繁に活用するようになったデリバリーサービス。

今では「置き配」なる、玄関先に置いてもらうサービスも登場しています。

置き配での受け取りを選択できることで、配達員と利用客の接触を避けることが可能になります。

デリバリーサービスを使ってみて

UberEATSやinstacartを使ってみましたが、配達員が注文したものをピックアップした後、配達しているルートや到着時間を確認することができます。

今どこを通っていて、いつ頃着くのかを地図で確認できるので、着く頃にはすぐ受取できるよう玄関の内側で待機しました。

インターホンがなったので

「あれ?置き配でお願いしてるのにな…」

と恐る恐るドアを開けてみると、それは

「今置いたよ〜」

の合図でした。

注文した品を玄関に置き、車に戻る配達員さんが見えたので、大きな声で

「Thank you〜!」

と叫んで、お互い手を振って終了。

その他のやりとりやチップは全てアプリから行えます。

もちろん支払いもアプリ上で決済しているので、現金の直接受け渡しも発生せずです。

中には玄関先に商品を置いた写真を添付して

「配達完了しました」

と教えてくれる配達員の方もいます。

ありがとうを伝えたい…

そんな時に目にしたツイートがこちら

玄関に配達へ来てくれた方へのメッセージやちょっとした心遣い

こういうところがアメリカの良いところだなぁ〜と感じます。

素敵!

と思うだけでなく、自分達もやろう!とさっそく子供達が

Thank youポスター

を制作。

配達に来てくれた方の目に届きますように〜。

殺伐としたコロナ疲れの社会の中で、心温まる出来事を目にすると束の間のほっこりを感じます。

ソーシャルディスタンスは取っても、人を思う心の距離は離れてはいけませんね。

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!