Tandem – 外国人と出会えるヒミツの言語交換アプリ

Hello World!なんしーです。

今回は私がロサンゼルスでできた友達について紹介したいと思います。彼女との出会いは 2019年、秋。

ロサンゼルスに引っ越してきたばかりの私に友達ができないことを心配して、フランス人友達が勧めてきたのがこのアプリでした。

Tandem

Tandemとは?

世界中のほぼ全ての言語のネイティブスピーカーを見つけることができる、language exchange (言語交換) を目的とした無料アプリ。2015 年にサービスを開始。(日本版は 2017 年 11 月)ユーザー数は 2019 年現在、世界中で 500 万人以上。

フランス人友達はここで異国の友達を作り、その国へ旅行する際に、その国の情報をもらったり、実際に会ったりしているといいます。

あやしくない?大丈夫?と不安に思うこともあるけど、それは実世界だって同じこと。良い人も悪い人もいろんな人がいるこの世の中。アメリカでの友達がいなかった私は、物は試しで!とやってみる事にしました。

無料版 Tandem を使ってみた

さっそ以下の検索条件で無料版 Tandem を使ってみることに。

– 母国語が英語
– 日本語を勉強中
– 女性
– 25 ~ 50 歳

相手のプロフィールを見て気が合いそうな人何名かにメッセージを送ってみました。すると返事は割とすぐに返ってきます。中にはひらがなを交えて返信してくれた人もいました。しかしある程度自己紹介も終わるとそれ以上続かなくなることが多いのです。そっちに行くことがあったら連絡するね~どまり。

ちなみに7日間の Tandem Pro(有料版)の 無料トライアルができます。スピーキングが特に苦手な私は、実際に会ってマンツーマンで話す機会を得たいと思っていたので、この7日間の無料トライアルを試すことにしてみました。そうすると、自分の今いる場所から近い順に相手が表示されるのです。

そこで見つけたのが、オタクな彼女。anime や video game が好きと書いてあったので、共通の話題も多いだろうとメッセージを送ってみました。チャットはすぐに盛り上がり、なんとその翌日、私たちはとあるカフェで会うことにしました。

ドキドキしながらカフェへ向かうとプロフィール写真と同じ彼女がいました。そこで彼女が放った一言が

ハジメマシテ、ワタシハ ヒキコモリノ オタク デス。

最強の自己紹介に私はぶったまげた…(笑)こちら全然面白い自己紹介を用意して来てなかった~!

そんなこんなですぐに意気投合し、パンデミック前は週2~3回会って、言語交換しながら異文化交流をしていました。

Tandem のおかげで彼女に出会うことができたので、私的にはとても良い体験でした。結果的に英語を話す時間がグンと増えました。(スピーキング力が上がっているかは謎…)

【伝えたい】【わかりたい】という気持ちが英語学習に対してのモチベーションを上げてくれていることは確かです。

なんしー
ありがとう Tandem。

無料版 Tandem 登録内容

1. 会員登録
2. プロフィールを作成
3. 学びたい言語を選択
4. 話したいトピックを投稿
5. 気になる人がいたらメッセージを送る
6. 慣れてきたらビデオ通話もできる

といった感じです。
Tandemはあくまでも言語交換が目的なので出会い系ではありません。異性ユーザーをシャットアウトすることもできます。(注:ネカマ / ネナベを除く)

   App Storeからダウンロード

Google Play で手に入れよう

 

有料会員 Tandem Pro

有料会員Tandem Proの料金設定

1ヶ月プラン 780 円 /月
3ヶ月プラン 1,300 円(434 円 /月)1ヶ月プランの約44 %オフ
12ヶ月プラン 3,800 円(317 円 /月)1ヶ月プランの約60%オフ

Tandem Proに加入すると下記のような追加機能を使用することができます

– 無制限メッセージ翻訳機能
– 近くにいるメンバーを探せる
– プロフィールを目立たせてトップに表示できる
– 自分のプロフィールを見た人にメッセージを送れる
– 広告を消せる

有料会員のメリットは ” 近くにいるメンバーを探せる “  ということ。日本に仕事で来ている外国人と直接会うことや、自分が海外へ滞在している時に直接会うチャンスも得られそうです。
Tandem は無料でも十分に使えるが、よりダイレクトに会うことにフォーカスするならば、有料会員も良いかもしれません。

※但し世界は広し。いろんな人がいるので、悪い人にはご用心!その分、素敵な人もいっぱいいるので、自分に合った良い言語交換パートナーが見つかるといいですね!

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!