アメリカ人の口から出た驚くべき日本の単語!

Hello World!なんしーです。

オタクアメリカ人友達アシュリーとの日録。

彼女とお互いに持っているオタクグッズの談議中、

「 I have some ” ITABAKU ” ! 」

と嬉しそうに言ってきた。しかし私は

「 イタバク…イタバシ…?え…何やろ… 」

すぐには理解できず5秒くらい考えて

「 Oh~!! ITABAG !! ( 痛バッグ ) 」

やっと分かった!まさか痛◯が彼女の口から出てくるとは思わず爆笑してしまった!

「 How do you know “ ITA ” something ? 」

と聞いてみたら

「 Because … I am OTAKU ! 」

と返ってきたからあいたたた(笑)

「 見てて痛々しいバッグ 」の略。更に略して【バ】と呼ばれることもある。最近は缶バッチやぬいぐるみなどで、キャラへの愛がこれでもかと表現した「 痛バッグ 」にハマる人が増えてきている。

車全体にマンガやアニメ・ゲームなどのキャラクターのイラストをあしらい、装飾した車を痛い車、通称 ” 痛車( いたしゃ )” と呼ぶが、そのベースがバッグになったもの。

痛車の写真を見せたら

「ナニコレ~?!」と喜んでいたので、そっちは知らんのか~い!と思ったけど、逆に単品で痛バッグを知っていることに驚いた。

そして ” ITA ” の意味を知りたいと言う。知らんかったんか~い!といろいろとツッコミを入れたい、アシュリー氏であった(笑)

彼女の痛バッグコレクション

ジブリキャラクターの痛バッグ
和洋折衷好きなものを
注:子供のバッグではありません

こちらアメリカで買ったもの、友達にお土産でもらったもの、叙々に集めていったと話す。

中でもジブリ作品のキャラクターはお気に入りとのこと。次の一時帰国で、まだ持っていないバッジをぜひお土産で買ってきてあげたい。

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!