とっさに英語が出ない私がパニックにならなくなってきたその方法

外国人を前にして、とっさに言葉が出て来ず、気まずい沈黙を経験したことはないか→毎回…

後になって、なぜあんなに簡単な英語が出てこなかったんだろうと悔しい思いをしたことはないか→毎回…

勉強して知っている単語にも関わらず、いざ話そうとすると言葉が出てこなくてパニックになったことはないか→毎回…

毎回同じことなのに、どうして繰り返す、私よ!

勉強をしてないわけではない。英会話やカレッジに行ってみたり、高い参考書を買ってみたり、最近では YouTube で人気の英語系動画を見漁ってみたり。

英語の上達をイマイチ感じられずいろいろ試した結果、勉強法が完全に迷子である。

同じような状況の人、いますか?いるよね?きっといる!

とっさに英語が出ない原因

  • いろいろと難しく考え過ぎている自分がいる。
  • 頭の中で、完璧な英語の文章を作ろうとする自分がいる。

散々彷徨った結果、結論から言うと、この2点が原因でとっさに英語で話そうとすると、言葉が出て来ず、何度も悔しい思いを繰り返している。

自分には才能がないのかと自分を責める時期もあったが、勉強の仕方にちょっとした工夫を加えるだけで、前ほど頭を抱えずに話すことができるようになってきた。

単に単語や表現を暗記するのではなく、とっさに話す練習を積み重ねることによって、考え過ぎていた自分が少しずつではあるが、思った事をパッと会話で言えるようになった。

私のひどい例をご覧ください。(恥…w)

言いたい事をそのまま英語で訳そうとするからいつもこのように仕上がる。

『レストランに行こうと思ったけど、混んでたからやめた。』

I thought to go to a restaurant but I stopped to go there because it was crowded.

ひどい(笑)我ながらひどさに驚く。ひどいと思えば思うほど、人前で話すのが怖くなって、だんだん口数が少なくなっていくのである。(←あるある)

 “ 思う ” に引っ張られてすぐ  “ think “ って言っちゃう病。英語が話せる友達に「日本人はすぐ思っちゃうよね(笑)」と言われたことがある。

確かにTVでもレポーターが「今日は ◯◯に行ってみたいと思いま~す!」と言うけれど、” 行く “ ” したい “ ” 思う “ なんて一文に3つも動詞入っちゃってるし、よくよく考えたらヘンテコだな~と思う。

日本語を勉強している外国人にこれを教えろと言われたとて、日本語ネイティブな私達でも難しいのではないだろうか。

『~しようと思う』→『~する』で十分

さっきの文をシンプルに言い換えてみる。

I was going to go to a restaurant but it was crowded so I decided not to.

言われてみたら「あ~。」とはなる。でもとっさに出てこない。

思った事をとっさに話せるようになるには、日常を独り言のように英語でブツブツ言ってみる。見たものを英語でブツブツ実況してみる。

そう、シンプルに。

すると中学生レベルの文法で、いろんなことが表現出来るはず。そして口にする練習を繰り返す。

繰り返すのは練習だけで、気まずい沈黙ではない。

(おーい、私、聞いてるか~い)

まとめ

言いたい事を 100 %忠実に伝えるのではなく、肝心な部分を相手に伝える事。思い浮かばない場合、シンプルに要点を伝える。難しく考え過ぎない。

日本語を単純化してシンプルに英語で話す。そして繰り返し口にする。

Don’t think ,  just say !

( あ、また think 出てきたw )

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!