なぜ私がこのクラスに?日本人の文法できる説?!

Hello World!なんしーです。

前回の続き 英語を学びたくて行ったカレッジの手続きが全て英語で撃沈

これは【実録、いよいよカレッジでの授業開始】です。

ESLNクラスについて

私が入るクラスはESLN(English as a Second Language Non−credit)というリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングとあらゆる観点からアプローチする一般的な英語クラス。

レベルは1A~5Bまで存在し、入る前に受けた Plecement Test の結果により分けられる。

私は5Aに行くことになった。聞くとレベル1が MIN で5が MAX だという。嘘だと思って何度も先生に聞いてみた。こんなに喋れない私が5なわけがない。

しかし後々知り合う日本人によると、日本人は中学高校で文法をやってきているし、何よりguess(推測する)力があるという。

「この場合はこう!」「これ以外は考えられない」

と言った消去法により、選択肢系のテストでは割と高得点を出しやすいという。私の推測力がこんなところで活かされるとは?!これが実際クラスに入って大いに苦労する原因になることに…。

時間帯は

  • 午前クラス 08:00am – 11:10am
  • 午後クラス 11:25am – 02:35pm
  • 夜のクラス 06:30pm – 09:40pm

間に休憩があるが3時間の長丁場である。

(※学期ごとに変わったり、クラスによっても若干違います。)

月曜日から木曜日の週4日。3時間ずつ。ちょっと覚悟が要るが、ガッツリ勉強したい人にとっては有難い。

授業の様子

満員御礼のクラスもあれば少人数のクラスも。定員は30人前後といったところ。文法を丁寧に解説してくれたり、英文記事を読んだり、ディスカッションしたり。宿題も出る。

ロンドンでお金を出して通ったカレッジと、内容的にはほぼ変わりないクオリティ。本当に無料でいいのかと思うほど。

クラスメート

私のクラスは

中国30%・台湾20%・ブラジル15%・韓国10%・日本10%・ロシア5%、その他10%

そんな割合だった。男女比は男性3割、女性7割くらい。年齢はまちまちで若い子からおじいちゃんおばあちゃんまで。もちろん子持ちの主婦も多い。  

ESLN以外のクラス

同じ英語でも PRONUNCIATIO(発音)や CONVERSATION(会話)に特化したクラスの他、英語以外にも豊富なラインナップ。

メディカルケアやチルドレンケア等、これから働いてみたい人にとってはより実践的なクラスも受講できる。

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!