2分で着丼!ロサンゼルスで博多一幸舎

Hello World!なんしーです。

平日の11:30。博多一幸舎トーランス店へやって来た。店内はテーブル席に3組のお客さん。お一人様のワタシは堂々とカウンター席に座る。一人でラーメンを食べに来たのは何年ぶりだろう…ロサンゼルスでも全然平気だった(笑)

座るとオーダーシートが。スープの濃さや麺の硬さ、トッピングなどを自分流にカスタムできる。

店員さんの感じは良し。のんきにメニューの写真を撮っていると

ちゃくどーーーーーーーーん!

わずか2分くらいでやってきた(笑)空いていたにしても早くない?バリカタにしたけど早くない?まぁ美味しければ良し。

スープの提供温度、良し

麺の硬さ、良し

全体のバランス、良し

マジか…このクオリティを海外で食べられるのか?!これで10ドルなら全然悪くはない。

かつて旅行に行った先(主にヨーロッパ)で、評価の高いラーメン屋を回ったこともあった。しかし ” このクオリティでそのお値段ですかー?!” 的なモノが多かった。その点、ロサンゼルスはすごい。すでに何軒か回ったが、満足なクオリティと手頃な価格を軽く実現してくれる。言っておくがここはアメリカ。日本ではない。ありがとうロサンゼルス。

店舗一覧 

遅くなりましたがメニューでございます。

博多一口餃子が8ドル、唐揚げが12ドル

これはラーメンに比べて高く感じる気がする。しかしハッピーアワーのサッポロ生ビールがピッチャーで6.5ドルは破格!価格設定が若干謎(笑)

家が徒歩圏内だったとしたらハッピーアワーに来て、ビール飲んでラーメンでシメるというメタボな世界へ一直線だったかもしれない。

だから、たまに来るね、一幸舎さん♡

ブログを最後までご覧いただき有り難うございます!

アメブロではロサンゼルスでの笑撃の生活を赤裸々に綴っております。全米を笑撼させているこちらのブログもぜひご覧ください。

↓↓↓

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!