あの台湾まぜそばがロサンゼルスでも食べられる!麺屋はなび

「麺屋はなび」と言えば名古屋発祥のご当地麺である”台湾まぜそば”の元祖。

行列覚悟の人気店です。

2008年の1号店オープン以来、店舗数を拡大させ、今や名古屋だけでなく海外にも進出しています。

そんな麺屋はなびが、なんとロサンゼルスにあるということでさっそく行ってきました。

台湾まぜそばとは

台湾ミンチ(唐辛子とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種です。

代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。

好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べる。 

引用:麺屋はなびwebサイト

麺屋はなびロサンゼルス店

Menya Hanabi USA

733 W Naomi Ave Unit K, Arcadia, CA 91007

営業時間・待ち時間

Lunch  11:30am~2:45pm

Dinner  5:30pm~8:45pm

火曜日定休

私が行ったのは平日(木曜日)の午後1:00。

すでに4組のお客さんが待っていましたが回転も良く、5分程待って店内へ

名前をリストに書いて待つシステムでした。

なんしー
近くにはダイソーもあるので、待ち時間が長い時には買い物に行けるね!

メニュー

いろんな味がありますが、最初はやはりオリジナルで!

スパイシーとノンスパイシーを選べます。

卵は生かポーチドエッグか選べます。

食べ方

レンゲとお箸で20秒ほど豪快にかき回してから食べます。

混ぜると麺に粘りが出て、具材がより絡みます。

自らの手でまぜそばを完成させるんだね!

途中でお酢やチリパウダーを追加して味の変化を楽しんでもいいね!

着丼

左が生卵、右がポーチドエッグ

オーダー後、5分ほどで着丼。

具は台湾ミンチ、ニラ、ネギ、魚粉、にんにく、卵黄、刻み海苔。

麺は粘りのある太麺。モチモチでツルッとした感じです。

にんにくガツンと効いており、魚粉の風味をしっかり感じます。

スパイシーをオーダーしたのですが、辛いのが好きな私には辛美味くて最高です。

食べた後の更なるお楽しみ

麺を食べた後の具材にご飯を入れるという楽しみが待っております。

この時点でお腹はパンパンなんですが、ご飯は別腹?!

なんとこの追い飯は無料なんです!

とは言え、とっても可愛い量です(笑)

量が多い場合は

量が多く、麺を完食するのに必死だった私。

初めて来店した時は、追い飯には至れず、心残りな結果に…。

それを踏まえて、今回は麺の残り1/3を持ち帰ることに!

店員さんに言うと小さなBOXを貰えるので、一旦そこへ麺を避難させてから追い飯をオーダー。

念願の追い飯を食べることができました。

隣の女性2人組は、1杯のまぜそばをシェアしていました。

少食の女性同士や母子ならばシェア&追い飯でもいいな~なんて思いました。

ガツンとした強めのラーメン、麺屋はなびの台湾まぜそば。

ハイボリューム、どんと来い!な方にはオススメです。

ニンニクのオイニーがツイキーだから、大切な約束の前には要注意ですぞ!
この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!