【2019】アメリカのクリスマスの楽しみは近所のおうちイルミネーション

Hello World!なんしーです。

アメリカのクリスマスシーズンに近所を運転すると、美しくきらめくイルミネーションで飾り付けられた素敵なお宅を見ることができます。

そのイルミネーションは庭の樹木を飾るだけでなく、玄関や門、ベランダ、そして家の淵まで施されています。

完全自作DIYのお家もあれば、専門業者にお願いするお家も!

イルミネーションにこだわりを持つ人のことを表す

イルミネーターという新しい言葉もあるそうです。

少し近所を探索してみることにしました!

なんしー
どんなイルミネーションのおうちがあるかな~

最近はライトだけではなく、人形やバルーンを使ったデコレーションもよく見られます。

お昼間に見ても目立ちます。

電気代が嵩むおうちイルミネーション。

LEDは当たり前。最近ではソーラーライトも主流になってきているようです。

屋外の電源を取りにくい場所でも使用でき、コストの大幅削減になります。

ステッキの形をした ” キャンディーケイン ” と呼ばれるペパーミント味のキャンディーをご存知ですか?

アメリカの友人は、これを見るとクリスマスだなぁと感じるそうです。

キャンディーだけでなくイルミネーションにも使われています。

何気なく通った道にあったおうちですが、これは

車を停めてみてしまうレベル!

見て回った中でダントツすごかった〜!

家というよりは、何かのお店?フォトスポット?

なんしー
生活感、全然ない~(笑)

ちょっと走っただけでもこんな感じでした。

日本と比べて街灯が少ないアメリカですが、この時期はキラキラしていて全体が明るい感じがします。

” holiday spirit ” と呼ばれ、街も人もあったかい雰囲気になるクリスマスシーズン。

みなさんも楽しいクリスマスを過ごせますように!

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!