アメリカのミドルスクール女子の誕生日会事情

未就学児~小学校低学年がピークと言われるアメリカでのお誕生日会。

クラスのほぼ全員を招いての大規模なお誕生日会だったり、自宅を会場にしてパフォーマーを呼んだり、CHUCK E. CHEEZE’Sやボーリングなどのアミューズメント施設で開催したり、その内容は様々です。

各施設もパーティープランを設けていたり、お誕生日会にかけるコストもかなりのものです。

アメリカノ誕生日会ビジネス、スゴイ!
なんしー
これは日本でも流行るんじゃない…?

高学年になるとその数は徐々に減っていきます。

さて、ミドルスクールになるとどうでしょうか?

アメリカの現地校に通う娘の周りのお誕生日会を少しご紹介したいと思います。

ミドルスクールになっても誕生日は特別なもの

ミドルスクールでは、誕生日の子のロッカーを飾り付けするという風習があります。誕生日前日の放課後、仲良しの子たちが集まり、主役の子のロッカーをデコレーションします。

誕生日当日の朝に自分のロッカーに行くと『わぁ~!』となるわけです。

せっかくデコレートしてもらったロッカーは誕生日当日のみならず、そのままにしている子が多いようです。秋に新学期が始まり、比較的誕生日が早い子のロッカーは、飾りが剥がれたりしてボロボロになっています(笑)

ロッカーの番号を互いに知っている仲良しグループは、ロッカーを開けて中にお菓子を仕込んだりもするそうです。

お誕生日会はモールをブラブラ?

ミドルスクールになって気分は少し大人の仲間入り?的な感じですが、こちらアメリカではまだ自分たちだけで行動することはできません。

お友達とショッピングに行きたくても親同伴。(なんとデートも親同伴と聞いたことがあります!)

親もティーンのショッピングに付き合うのは、結構な苦行でもあります(笑)なので誕生日会は仲良いお友達とモールでブラブラパターンを希望するガールズ。

なんしー
中学生くらいから友達とショッピング行きたいんだよね~

お気に入りの映えるボバティーを買い、デザートを食べ、好きなショップをブラブラするコース。そこにゲーセンや映画、ランチやディナーを挟むこともあります。

そこでかかるコストは、誕生日の子の親が払います。

モールの他にも自宅に招いてプレイデート兼誕生日会というパターンもあります。

お菓子作りをしたり、家にプールがある子はプールパーティーも。

小さい子のように ”どこかの施設を貸し切ってのパーティープラン” ではないものの、何かしらお祝いしたい、されたいは続いていくミドルスクールのガールズです。

プレゼントの実態

住んでいる地域やコミュニティで相場がマチマチなのは、小さい頃から同じです。その子との仲良し具合によっても変わりますが、30~50ドルといったところでしょうか。

ミドルスクールになると仲良しグループの少人数で行うため、お互いに欲しいものを把握していたります。(特にガールズは)

服やアクセサリーなど、普段使えるものが多いように思います。

  • VSCOガールズ必須のアイテム、ハイドロフラスク。数本所有している子もいたり?!水筒とはいえ、結構なお値段…。
https://www.instagram.com/p/B9BukYVp_aJ/?utm_source=ig_web_copy_link
  • こちらもVSCOアイテムのスクランチー。何本あっても嬉しい。…らしい。
https://www.instagram.com/p/Bozgr9pA9rR/?utm_source=ig_web_copy_link
  • このブランド ” SANTA CRUZ ” のTシャツやフーディーはイカしたガールズに人気。(※イカした=死語) 他にも VANS や Champion などのスポーツカジュアルブランドも人気です。
  • お馴染みの claire’s でピアスやネックレスをチョイス。
  • いつの時代の女子も文房具が大好き。中でも無印は人気なんですよ~!(日本での価格を知っているだけに、アメリカ価格で買う悔しさ…)

もうすぐやってくる娘の誕生日。イギリス在住時には、トランポリンパーティー、ダンスレッスンパーティーをやりました。

ミドルスクールになってアメリカで初めての誕生日会に何をしたいと言い出すか、母ドキドキであります。

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!