私を魅了する恥岩群〜Joshua Tree〜

初めてここを訪れた方も、常連さんのあなたもごきげんよう

異国の地にてハプニング続きの生活を惜しげもなく晒している

なんしーよ

このタイトルで誰が

「Joshua Treeに行ってきました」

っていう旅ブログだなんて思うかしら

でも、行ってきたのよ

ジョシュアツリー国立公園

(Joshua Tree National Park)

ロサンゼルスから車で東に2時間半のところに位置し、「ジョシュアツリー」と呼ばれるユッカ属の不思議な形の木と、大きな奇怪岩がおりなす砂漠地帯からなる巨大な国立公園よ

壮大なアメリカを感じられる最高なプレイスよ

ジョシュアツリーって名前だけに、その珍しい木にフォーカスすると思いきや…私はここの岩群がたまらなく好きなの…なぜって?

エロいからよ

不純な理由はさておき、私はこの岩々を「恥岩群」と命名し、その魅力をぜひ紹介させて頂きたいの!

ということで今回は

ジョシュアツリーの隠しきれない岩の魅力

に迫っていくわよ

私たちは9月最初の月曜日 Labor Day(労働者の日)にここジョシュアツリーへキャンプに行ったの

1年ぶり2度目ましてよ

甲子園かなにか?w

前回来た時にその魅力に取り憑かれつつあったんだけど、今回それが明確になったわ…だってやっぱりここの岩、

エロいんだもの

そもそも岩にエロスを感じ始めてる地点で、相当イっちゃってるっていう話だけど…え?見たいって?早々に見たいですって?

ええ、分かったわ

任せなさい、私に♡

私たちが着いたのは夕方

連日40℃近いヒートウェーブがカリフォルニアを包んでいて、砂漠地帯のここジョシュアツリーなんてどんだけ暑いのよ!ってことで夕方からの探索にしたわ

着くなりまずその辺の岩をテキトーに登って、出た景色がこれよ

大自然がむき出し丸

ああ、岩がいっぱいあるわ…どの岩から愛でようかって思ってたら、私の目の前に現れた岩がこちら

(*´Д`)ハゥ!

情報量が多過ぎるわ!!!

え?どのあたりが?w

この肉の割れ目のようなシワ!

岩に対してシワってなによw

パンパンに張ってる感じがたまらないでしょ?そして先っちょにボコっと小さいおできみたいなのが付いてるわ!たまらないわね!

岩に目を奪われてたらね、

草の生え方がこれまたエロかったのよ

共感する人、いるのかしらw

何日も、何十日も雨が降らないのに、この場所に部分的に茂っているこの草がたまらなく愛おしく…なってこない?

こないw

奥まってるところは大概エロいわ

奥まってるからエロいのか

エロいから奥まってるのか

考え出したら夜も眠れないわよ

ここから右に目をやると、まずいものを発見したわ

エロい

エロ過ぎるわ

これね、角度を変えるともっとヤバいのよ

ほぼタ◯じゃないw

しかも2つよ♡

私はもうこれに触れてみとうて触れてみとうて…でもね、ここに行くには

タマヴァレー(Tama valley)

が行手を阻むの

実はタ◯の前が深い谷になってるのよ

飛び越えられる距離でもないし、落ちたら一巻の終わり…でも怯まないわよ、

そこにタ◯がある限り!

空に太陽がある限り?それはアキラのやつよw

1回戻って向こう側に回ってみることにしたわ

途中、テンションが上がりすぎて熊川の哲也が舞い降りたわ

到着したわ

抱いてみたり

押してみたり

満足。

え?感想?

意外とボコボコしてて硬かったわ

そして案外冷んやりしてたわ

それだけ?ねぇ、それだけ?w

タマからの帰り道、この岩の先端を見つけて、私はある事を思いついてしまったの

この写真だけで何がしたいか分かった方がいたら、ぜひ私と面白いユニットでも組まない?

面白いユニットって何?w

あの岩の上で掲げてみたいじゃない?

シンバをよ

ナァーツィゴンニャーマバキィーツィババー

よ!

よ!ってw

シンバもこんなオバさんに掲げられてビックリよ

満足。

∠Aを求めよ

そうこうしてたら段々と陽が沈んできたわ

虫ね

子供たちよ、虫な母さんでごめん

暗くなると無数の星が空にお目見えしたわ

見たことないくらい小さい星で空が敷き詰められたわ

翌朝、朝焼けを拝むために早起きしたわ

午前5:30

この素晴らしい神秘的な朝焼けグラデーションが私の邪念を一掃してくれた気がしたわ

神様、またスペシャルにエロい岩に出会えますように…

ダメね、こりゃ

Twitterもやっております!